SMプレイにおける奉仕

 皆さまお疲れ様です。

 それでは、今回は奉仕系についてお話しましょう。
 
 SMプレイに限らず、男性なら誰しも、女性に奉仕してもらうのは嬉しい事と思います。また、女性も好きな男性に奉仕することは嫌ではないと思います。
 が、ここではあくまでSMプレイとしての奉仕。勿論、私個人の意見で、それが万人に受け入れられるものではないという事をご承知下さい。

 M女性にとって、奉仕とはご主人様の喜ぶ事を率先、もしくは命令によって行う。という解釈でよいかと思います。その内容は様々ですが、王道としてはフェ〇チオでしょう。
 フェ〇チオが嫌いな男性は稀だと思います。S男性でなくても、女性に性器を舐めて貰うという行為は肉体的だけでなく、視覚的、精神的に興奮を誘います。

 逆に、男性が女性器を舐める。という行為を好むのはノーマルに多くみられます。少数かと思いますがS男性にもいますね。ですが、私の見解としては、舐める……舐めて差し上げるという行為はMのそれではないかと思います。それこそ本人の自由ですが、私のSM観とは、ご主人様は自分のやりたい事を奴隷に対して命令、もしくは行い、奴隷はそれに従う。相手の快感や満足は二の次です。むしろ、あまり相手が喜ぶ行為は萎えてしまいます……まあ、お互いによければ、それに越したことはありませんが、こちらが奉仕するという行為はちょっと違うかなと……まあクンニが好きならすればいいと思いますが……同じ意味で私は電マ等で女性に快感を与えるのも、あまり好みません。これは女王様とM男性でも同じことがいえるかと思います。

 で、奉仕のさせ方ですが(私の私的な嗜好です)全裸でも半裸でも構いませんが取りあえず拘束します(ご主人様は着衣、奴隷は全裸、というほうがそれらしくていいと思います)基本は縄で後ろ手に緊縛します。時間の無い時はベルトや手錠を用い、簡易的でも構いませんが拘束します。首輪をつけ、そこにチェーンや綱を繋げます。勿論、しっかりと股縄を施しましょう。好みであればローターやバイブなどを仕込んでも構いません。見えないところですが、キッチリとギチギチに食い込ませます。
 で、ここで大抵のS男性はイ〇マチオに持って行くかと思いますが、私は奴隷自身、自ら首を動かし喉の奥まで咥えさせます。あくまでもご奉仕ですからね。いわゆるセルフ〇ラマチオです。きつく緊縛された奴隷が自ら、苦しそうに涎を垂れ流し、涙や鼻汁にまみれながら、時には嗚咽しながら奉仕する姿は圧巻です。咥えが甘い時は頬を張り、喉奥まで押し込みます。
 奉仕時のご主人様の体制ですが、椅子に座るのがいいでしょう。嗚咽を繰り返しながら、必死に奉仕を続ける奴隷を横目に、ご主人様は携帯でもいじっていましょう。因みに私は、その状態での鞭打ちが好きです。その為に短い1本鞭を購入したといっても過言ではありません。好みによって蝋燭を垂らすのもよいでしょう。
 S(S男性)は、被虐を好みます。苦しそうに、辛そうにしている女性に萌えるのです。そして奴隷は、ご主人様の為ならなんでもしたい。そう思うのです。

 今回はあまりに王道なプレイの説明でしたので、SM経験者にとっては、つまらなかったかと思いますが…… まだ本格的な奉仕の経験がないカップルさんは、是非やってみてください。ポイントはセルフ〇ラマチオです(^^;


 最後に……世の中には、勘違い甚だしい自称S男性が多く見受けられます(私も昔はそうだったかもしれません)
  M女は、淫乱で、誰でもいいから虐めてほしいと思っている。とにかくSMで自分を快感に導いてくれる人を探している。
  ↑
 などと本気で思っている男性が多いです。
 以前も少し書きましたが、そんな女はいません! いなくはないかもしれませんが、極レアだと思います。
 何度も言いますが、大好きなご主人様だからそうなれるのです。そのご主人様の命令だから聞くのです。そこのところを理解してあげてください。

 まだまだ世の中にはM女性は沢山います。そして素敵なS男性も沢山います。まだ、よいめぐり合わせの無い方も、諦めずに探してみてください。

 SMカップルさん。S男性さん。好きなプレイ、お勧めのプレイなどありましたら教えてください。
 今、お相手のいないM女性さん、貴女の気になっているプレイを教えて下さい。

 冬本番ですが、くれぐれもへんな風邪には気を付けて、SMを楽しんで下さい。
 最後までお読み頂きありがとうございました。


 
 


にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
アダルトブログランキング
スポンサーサイト
[PR]

SMプレイにおける放置(放置プレイ)

 厳しい寒さですね……くれぐれも風邪など引きませんように。今はおちおち風邪もひけませんので気を引き締めていきましょう。

 それでは放置系について記してみます。
 放置系……放置ってSMプレイにおいては地味なプレイというイメージがあるかと思いますが、私は大好きです。以前の記事でも少し触れましたが、その昔、プレイを経験した女性から話を聞いた時は目から鱗でした。

 実際には、その名の通り、放置するだけの簡単なプレイです。いろいろな方法があるかと思いますが、私の場合、まずM女性を全裸にして緊縛します。着衣でも半裸でも構いませんが、ご主人様は着衣のままで、奴隷だけ全裸。というほうが羞恥感や被虐感が増します。タイミングですが、プレイの後でも前でも構いません。女性一人に男性が数人というシチュエーションが理想ですが、1対1でも充分楽しめます。

 緊縛ですが、予定する放置の時間を考えないといけません。数分程度ならギチギチに縛っても構いませんが、数十分~場合によっては数時間の時は、エコノミー症候群に気をつけて縛って下さい。麻縄ではなく綿の縄、ラバーや革の拘束、手錠などを用い、腕への負担などを考えましょう。慣れてくれば麻縄でも長時間に耐えられる縛り方も出来ます。
 特に、時間と共に鬱血した胸はS心を刺激されます。
 好みによって、玩具を入れたままにしたり、落書きやボールギャグで装飾するといいでしょう。プレイの後であれば、顔面に射精し、そのまま放置というのもありです。
 お勧めとしては、口内発射後、飲精させずにボールギャグを噛ませて放置します。勿論、拘束状態で。性交を行った場合でも、フィニッシュは口内とし、再び股縄等も施して下さい。女性の口の中に長時間、精液が含まれ、唾液と共に少しずつ流れ落ちる様をみるのは、Sとして至福の時です。

 ですが……男性はどうしてもフィニッシュの後は盛り上がりに欠けます。ので、初心者はプレイの前に行うのが良いでしょう。
 柱があればそこに縛り付けたり、床に転がしたり、女性が初心者の場合、被虐感は落ちますがベッドの上に放置しても構いません。男性が複数であれば、開脚縛りやバイブを挿入したまま、とかが盛り上がります。
 その状況で、複数の場合は雑談など。1対1であれば、ご主人様はパソコンや携帯、読書、テレビを見たりして過ごします。 そう、彼女を無視します。時間が許せば数十分、数時間……一度部屋を出て行くのもいいでしょう。再び部屋に戻った時、同じ場所に同じ格好でそこにいる彼女を見ると、思わず抱きしめたくなります。

 というのが理想ですが、そんなに時間が無いよ! という場合はまあ数分でいいので雰囲気だけでも楽しんで下さい。無視ではなく、その状態の彼女と会話を楽しむのもありです。因みにわたしは、いつも会話をしてます(^^;
 最近の私のブームはディルドギャグです。これはかなり苦しそうなのでお勧めです。勿論、口枷として使います。緊縛放置に口枷は欠かせませんが、ボールギャグより被虐があります。口の中に入れてしまったら見えないところがまたいいのです。
 放置プレイ。 プレイというほどのプレイではありませんが、満足感が得られます。放置が最高のSMプレイ。といいきるM女性もいます。
 是非、試してみて下さい。

 私の次の願望としては……野外でやってみたいですね(笑)

 それではまた。



にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
アダルトブログランキング

緊縛サンタ

  随分とご無沙汰しておりました。仕事にプライベートにといろいろ忙しく、ブログの更新が滞ってました。
 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 世の中は相変わらずコロナコロナとの恐怖報道に湧き、アメリカ大統領選挙も昏迷状態…… 今後世の中はどう変わっていくのでしょう? 私自身、思うところもあるのですが、ここで語ってもあれなので本題に入りたいと思います。

 前回の続きとして、今回は奉仕系について考えてみる予定でしたが、クリスマスの時期ということで、それにちなんだ内容にしてみたいと思います。

 クリスマスといえばサンタさん。サンタさんといえば…… そうコスプレですね(笑) この時期は彼女にサンタクロースのコスプレをさせるのが定番ではないでしょうか? 私の場合、勿論縛りますが(^^;
 ここで一枚

    画像は削除しました。御覧になりたい方はインスタのアカを教えますのでDM下さい。

こんな感じですね。
 これはインスタ用に撮った写真なので、SMプレイという感じではありませんが、コスプレ緊縛での撮影も楽しいものです。 M女性にとっては写真を撮られる、という行為も調教の一環になります。 もちろん同意あっての撮影です。

下の写真は以前やっていたブログ用に撮ったものです。クリスマスツリーを模して飾り付けてみました。被虐感はありませんが、たまにはこういう遊びも楽しいかと思います。

     ノンアダルトでやってますので画像は削除しました。

 被虐感が欲しければ鞭痕だらけのサンタさんや、針やホッチキスを使った飾り付けがお勧めです。

 今回はSMのお話ではなく、私の撮影趣味の話になってしまいましたが、たまには調教を忘れて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 また、冬はSM愛好家にとって野外緊縛の季節です(笑) コートの下は縄化粧ってのが定番ですね。 お試しあれ。

 それでは皆様、風邪など引かぬようご自愛ください。

 




 










 





 
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
アダルトブログランキング

貴女は何系がお好き?②苦痛系

 前回の続きとして、苦痛系 放置系 奉仕系 複数系 排泄系 その他として変態系、他 について、私の独断と偏見で解説してみたいと思います。
 ここからは、いわゆるガチのSMの領域になってきます。まだ、経験の無いS男性やM女性の方々もいらっしゃるでしょう。(わかりやすく男性S、女性Mで書きますが、その逆も同性もありです)特にまだパートナーがいない、経験もないS男性の方、いつかは……とお思いでしょう。私もそうでした。どうしたら真正のM女を奴隷にできるのか? 当然ですが、彼女達から、サービスのS と言われる男性は除外されます。かといって、ガチのSMやそのプレイについて熱く語っても、そこからの発展は難しいです。
 以前の記事でも書いていますが、M女性にとって一番大事なのは、その男性が自分のご主人様としてふさわしいのか? という事に尽きます。勿論その嗜好は重要です。が、そういう嗜好をもつ男性はごまんといます。では、彼女達はどんな基準でご主人様を選ぶのか? 一言でいうと、M女さんにとって貴男が 尊敬に値する人物 であるかどうか が重要な要素になっています。M奴隷をゲットしたければ、ひたすら男を磨きましょう。
 その辺りの事は過去の記事でも書いているので、興味があればご覧ください。

 今回はSMプレイの隠れた王道ともいえる 苦痛系 について解説してみます。
 一言で苦痛系と言っても、そのレベルはピンキリです。しかしレベルにかかわらずSMを愛する方々にとってはSもMも多少は興味のある系統だと思います。
 私の経験で申しますと真性M女性は、その差こそあれ、比較的ハードな苦痛系を願望にもつ人が少なくありません。(痛みや苦しみを快感に変換する。快感ではなくとも耐える喜び。等を持ち合わせている) それに対してS男性は、苦痛系より奉仕系を好む人が多いように感じます。
 
 サービスのSや、軽く縛るくらいだったら……と言うノーマルM の方々には決して受け入れがたい系統かと思いますので、いわゆるソフトSM派 という方はスルーして下さい。
 また、ガチの主従をしておられる方でも、苦痛系には興味が無い。という方もおられます。真正のSM愛好家でも、みなさん嗜好は違います。ただ、お互い納得の上で、こういう愛し方もある。とご理解ください。
 因みに、超のつく苦痛系については、少し系統が違うので今回は解説を省きます。どこまでを苦痛系、どこから超苦痛系になるかは、各々の判断になるかと思いますが、そこは例によって私の個人的な見解としてお話いたします。

 多くのSMプレイにおいて、⓪ノーマル~ソフトSM ①軽いもの ②普通 ③ややハード~ハード ④超ハード ⑤え?マジ? の0~5の段階に分類すると、今回ここで解説するところの苦痛系は③~④くらいかと思います。因みに、超苦痛系は④~⑤になります。

 緊縛:SMプレイにおいて、これは余りにも当たり前の行為なので、苦痛系とは言えないでしょう。しかし、細い紐などで鬱血するまで胸を絞りあげる緊縛や、激しい吊り、長時間の緊縛などは、苦痛系に属します。好みですが、私は個人的に吊りをあまり好みません。生理学上、長時間の吊りは危険を伴う。という事もありますが、正直めんどくさい(笑) それに尽きます。吊りが嫌い という訳ではありませんが、労力のわりに満足度が低いのです。もちろん私個人の意見です。
 吊りと言えば緊縛逆さ吊り。たまにハード系のAVなどで目にする事もあるかと思いますが、安全域としては、ほんの数分が限界かと思います。M奴隷を逆さに吊るし、その口が丁度、ご主人様の股間のあたりにくるよう調節します。もうお分かりですよね。ですが、これも労力が……どうしてもやってみたい方は、そういった設備のあるホテル、または複数(数人の男手)を用意するといいでしょう。それなりに危険も伴いますので、上級者のプレイではないでしょうか。
 また、通常の緊縛でもタコ糸や針金で緊縛すると、より苦痛度、被虐度が増します。マニアの方は有刺鉄線で緊縛する事もあります。有刺鉄線については、それ程鋭くないものもありますし、先を丸める事も可能ですが、苦痛系マニアの方は……言わずもがなです。
 いずれにしろ、私的にSMプレイの基本は緊縛だと思っています。凝った縛りは必要ありませんので、まずは普通の緊縛をマスターしましょう。
 緊縛マニアであれば、長時間の緊縛による危険性(エコノミー症候群)をご存じかと思いますが、充分気を付けてプレイをして下さい。

 鞭等の打撃系:鞭は緊縛とならんでSMの王道ですね。ただし、ここでは苦痛系として解説するので、バラ鞭や軽いスパンキングは除外し、一本鞭やケイン、ラケットなどを使用するものとします。個人的にはケインや短い一本鞭が扱いやすいかと思います。ここで言うところの鞭打ちは、一回打つ事に赤いスジをつくり、時間と共に熱感と腫脹を生じ、数日で赤~紫~黄色に変化していく……打つ回数や強さでも変わりますがその程度までが真正M女ならば、ほぼ受け入れるレベルではないかと思います。以前も書きましたが私的には、ギリ、翌日の生活に支障をきたさないレベルまでが安心できるラインかと思います。

 ビンタ:これは少しマニアックになりますが、S男性にもM女さんにも、一定数のファンがいます。ただ、やり過ぎると一時的ですが痣になりますので、プレイを盛り上げる為の行為程度にとどめておくのが無難ではないでしょうか。

 イラマチオ海外では、Deep throat またはFace fuck などとも呼ばれています。最近ではSM以外でもみられる行為ですね。イラマチオを苦痛系とするかは、意見の分かれるところかと思いますが、激しいイラマチオは嘔吐を伴い、その苦しさは経験者ならわかると思います。緊縛等の拘束とビンタなどを組み合わせて行う事によってよりSMちっくになります。
 セルフイラマチオ……本来ならば奴隷の頭を抑え込んで無理やり。という行為ですが、奴隷自らに行わせる事によって征服感と、その服従心を確かめる事ができます。 
 それに関連し、少し嗜好は変わりますが、玩具を使った方法として、ディルドを奴隷の喉奥まで挿入し固定。その状態で放置や鞭打ちなどのプレイを行うのもいいでしょう。因みにディルド付きの口枷も市販されていますが、そのほとんどはディルドが小さすぎて被虐感がありません。ぺ二バンを改造するという手もありますが、ペニバンのディルドはさすがに大きすぎるかと思いますので、奴隷の口に合わせて自作をお勧めします。たいした苦痛系とは言えませんが、その上からマスクをしたり、マフラーなどを組み合わせれば、そのまま野外デートも可能です。
 苦しいはずなのにその表情が伝わらない。そこに萌えます(笑)

 針、ステプラー:激しいものは超苦痛系とカテゴライズさせて頂きますが、意外にM女性の願望に多いのが 針 です。初心者には衛生面からも医療用の注射針をお勧めします。最初は27~25Gくらいの細い針がいいでしょう。乳首に刺した針にケーキ用の蝋燭を立てたり、糸を通して、その先に飾り付け等をするのも素敵です。可愛さや綺麗さと被虐のコラボがなんともSの感情を盛り上げてくれます。
 ステプラー(ホッチキス)も、激しいものは超苦痛系となりまが、数回打ってリボンを巻きつけるくらいであれば、受け入れる事が出来る奴隷もいるでしょう。

 ピアス:ピアッシング自体は針プレイと被るので今回は割愛します。
 
 水責め:拷問系にもよく登場する水責め。これもコアなファンのいるプレイです。緊縛後、風呂場などでプレイをしますが、この時、敢えて服のまま緊縛してください。水を吸った服は重くなり、より一層の被虐感を楽しめます。
 水に沈められ、苦しさで開けた口にイラマチオ……S的にはまさに、可愛いから虐めたい。という気持ちでいっぱいになります。
 野外だと、緊縛正座させた奴隷の頭からバケツの水をかぶせたり、ホースでの放水もいいでしょう。

 蝋燭:経験者の方はご存じと思いますが、SM用の蝋燭はその見た目の派手さと違い、人によりますが熱くて我慢できないという程のものではありません。したがってここで言うところの苦痛系には属さないでしょう。(その種類によりけっこう熱いものもあります)しかし鞭によって赤く腫れた尻などに垂らせば、熱さ、痛さは倍増し、刺激のある責めになります。全身に蝋を垂らし、それを鞭ではぎ取っていく。なんてのも面白いです。

 拷問系:拷問系とひとくくりにしてしまったのは、その機材や方法が多く、とても一つづつ解説していくのは不可能なので……ここでは誰でも知っている有名どころを2つ抜粋します。
 三角木馬:定番ですね。その名の通り三角の木馬に緊縛した奴隷を乗せます。頂点が鋭いものはかなりの苦痛を強いられるはずです。更に両足首の重りを吊るすと、より一層の苦痛感を得られます。この状態で鞭を打つのが定番です。
 石抱:江戸時代に行われていた拷問です。三角形の板を並べ、その上に後ろ手に緊縛した奴隷を正座させ、膝の上の重りを載せていきます。これも鞭やイラマチオなどと組み合わせます。
 その他、電流や、針などを組合す様々な責めがありますが、好みにより、奴隷のレベルに合わせて調教していきます。

 まだまだ書ききれないプレイがありますが、機会があれば、次はもう少し具体的に記してみたいと思います

 でもまあ通常のSMプレイでいうところの苦痛系はこのくらいまでではないでしょうか?
 因みに超苦痛系、超拷問系はあまりにもハードで、マニアックなので、ここでは解説しませんが、背中にフックを刺して吊る。乳房をくぎ打ち、等々 一般的なプレイとは逸した内容です。もはやSMプレイとは言えないかも……

 私の経験上、あくまで個人的な見解ですが、お互い納得の上でのプレイなら、事故が起きない限り、本人達の自由だし、他人が口出す事ではありません。
 しかしながら、ハードなプレイを好む場合、鞭痕などは別として、翌日、もしくはほんの数日で日常に復帰できるレベルとしましょう。
 SM的に言うと、玩具は壊してしまったら終わりです。奴隷は、ご主人様の玩具でありたいと思っています。貴男(貴女)の大事な玩具を大切にしてあげてください。
 大きなお世話かと思いますが、くれぐれも安全にはご注意を。

 余談ですが、ガチの女王様とM男性もしくはM女性のプレイは、それはそれはハードなものが多いです💦
 
 他のSMプレイにも言える事ですが、ご主人様は奴隷の願望や体力、体調などを考慮してプレイに臨みましょう。

  次回は、放置系。たいした内容にはならないかもしれませんが、SMプレイにおける放置系です。

 最後までお読み頂きありがとうございました。




 










 





 
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
アダルトブログランキング

貴女は何系がお好き?その①

 今まで、ざっとSMについての概要を書いたかと思いますので、今回はその内容についてお話してみようと思います。

 さて、SMにおいて、そのプレイ内容は多岐にわたります。
 大まかにですが 羞恥系 露出系 快楽系 苦痛系 放置系 奉仕系 複数形 排泄系 等に分けられるかと思います。
 緊縛系や拘束系が無いのは、上記全てのプレイにおいて緊縛や拘束が伴うとご理解下さい(ご主人様の嗜好によっては緊縛や拘束を伴わない、そもそも拘束はしないという方もいますが、これは私のブログですので、私の嗜好を軸に書かせて頂きます)

 個人的にやらない、もしくは嗜好の無いプレイもありますが、それも一通り解説していきます。
 
 SMをファッション、またはSEXの一つのバリエーションとして考えるカップルの場合、だいたいそのプレイは女性本意できまると思います。しかし、SM主従、主従でなくても、SMカップルの場合は、ご主人様の嗜好で決まると言っていいでしょう。
 勿論、M女性にも嗜好はあると思いますが、たとえそれが苦手な事でも、ご主人様の為に頑張ろうと思うのが真正のM女性です(できれば嗜好は合致するのが理想です)

  通常は……通常と言っていいのか分かりませんが、いわゆるガチのプレイは上記の全てを組み合わせて調教していきます。
 
 ただ、私的に思うのは……後で解説しますが、快楽系はSMにあらず。 そして排泄系や超苦痛系は、更に上のマニアや特殊なマニアに好まれるプレイではないかと思っています。
 それでは一つづつ、私の経験を交え、独断と偏見で解説していきます。

 羞恥系:わかりやすく言うと、M女性を恥ずかしがらせるプレイです。次に説明する露出系とも被ってくるのですが、みだらな格好や行為をさせて、その反応を楽しむプレイです。言葉責めというのも、この部類にはいるかと思います。
 ですが、私的にはどうも……というのも、まあ数回で慣れてしまいますから、ほんとに楽しいのは最初だけかと思います。被虐感もありませんし。でもハードルが低いのでSM初心者はここから入るのがいいかもしれません。
 緊縛や拘束が伴わなければ、ただのエロプレイですが(^^; 
 このプレイで大切なのは、女性が恥ずかしがるか(嫌がるか)どうかにかかっています。
 例えば、目の前に立たせたM女性に全裸になるよう命令します。それが初めて調教の日であれば、お互いそれだけで盛り上がります。ですが、その時、女性がさっさと服を脱ぎ、で? て感じならプレイは失敗です。嫌がりも恥ずかしがりもしないのではプレイになりません。 
 また、何度もSMプレイを繰り返した後では、いろいろと思考を巡らし、変化をつけたとしても今更感はいがめません。
 羞恥に新鮮さを求めるなら、全裸に剥いた愛奴をみだらに縛り上げ、他人に見てもらうとよいでしょう。これなら羞恥感は盛り上がります。
 しかし、こなれたM女性だと、これでさえ で? という場合があります。ので、あくまで羞恥は、その女性が恥ずかしがり屋かどうかにかかっています。しかしながら、女性が演技をしていた場合、ほとんどの男性は気づきません。女性のみなさん、貴女の演技に気が付いた男性はいますか? たぶんいないでしょう。男なんてそんなものです。演技をするかどうかは貴女次第です。しかしSMを嗜好に持ち、ある程度経験をつんだご主人様なら、そのあたりも理解済みかと思いますので、私的には演技の必要はないと思います。

 露出系:これは別に露出マニアという人種がいます(私もビックリなマニアックな方が多い系統です) が、ここではあくまで、SMとしての露出についてお話します。
 この楽しみ方も多岐にわたります。二人だけでのプレイ、複数で行う場合、女性一人で行わせる場合等々……ですが、ここでも私の嗜好をメインにお話します。 
 調教の一環として露出プレイを好むご主人様は多いかと思います。例えば、露出度のたかい服を着せるとか、ノーパン、ノーブラ人の少ない場所での露出等々。ですが、これも、先程の羞恥系と同様、M女性が嫌がったり、恥ずかしがったりしないとプレイ(調教)にはなりません。 
 私の場合、胸縄、股縄などを施して、その上から服を着せて、一緒に外出するといういたってオーソドックスなプレイを好みますが、その反応は相手によって随分違います。
 経験上その多くは、お互い非日常を楽しむ という状況になってしまいました。 SMとは程遠いのですが、それはそれで楽しいので良しとしています。 私の中で露出系はSMではなく変態系と認識しています(笑)
 個人的には、野外緊縛が好みです。山や海などで縛って撮影などを楽しみます。後手に縛って夜の海の波打ち際に正座させたり、山中で緊縛しての鞭打ちなどは萌えます。このくらいするとSMっぽいですね。
 いずれにしろ、露出の場合は危ない輩や、状況によっては通報されるので、他人の迷惑にならぬよう、さらには身の安全を確保して楽しみましょう。

快楽系:SM系のAVなどに一番多いのが快楽系です。男性にも女性にも絶大な人気を誇っています。みなさんも一度はAVなどで目にした事があるかと思いますが、軽く縛ったり拘束した女性に対し、クンニしたり電マなどを充ててイカせるという、いわゆる女性を喜ばすプレイが主になります。
 それを行う男性が、ご主人様ではなく他人であったり、好みでない、むしろ嫌な相手の場合は、プレイとしては成り立つのかもしれませんが、女性を一生懸命喜ばすという行為はサディストとしては矛盾しています。
 私に言わせれば、お前Mなの? と言いたいです。 いえ、それがそのご主人様の嗜好なら、それを否定はしません。SMにおいて主導権はご主人様にありますので、そのご主人様のしたいようにすればいいのです。
 ただ、世の中の自称S男性(SMは貴女の為、貴女の快楽を優先に、というサービスのSをモットーにする、エロ男性)が一番このプレイを好みます。むしろこれしかやらないといっても過言ではありません。
 真正のS男性にも、この快楽責めを好む人は比較的多く見受けられますが、私的には、快楽を与えているという点で、少し違うかな? と思います。
 女性を喜ばす為に一生懸命バイブを動かすS男性の姿はなんだか頂けなく思うのは私だけでしょうか? 
 ですが、そうゆう私も、緊縛して身動きとれなくした女性にバイブを入れて放置するのは好きです(笑)
 いずれにしろ、それを好むM女性に対してはご褒美としてのプレイでいいのではないでしょうか? まあ、でもそれを言ったら鞭で打たれて喜ぶ女性もいますから、考え方は人それぞれですね。 S男性は常にM女性に対して快楽を与えている という考え方が正しいのかもしれません。
 
 さて、次はお待ちかねの苦痛系(笑)ですが、それは次回の予定とします。

 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
 



 

 




 
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
アダルトブログランキング
プロフィール

緊縛眼鏡

Author:緊縛眼鏡
 とにかく女を縛りたい……そんな青春時代を過ごし、初めて、その欲望を叶えてから早数十年……時は昭和、平成、令和と流れ、世の中もだいぶ代わりました。
 今の仕事に憧れを持ち、必死に頑張ってきましたが、心折れることもしばしば……
 いろいろな人達に支えられ、ここまでやってこれましたが、頑張る為にも必要だったのがSMでした。てかまだ現役です(;^_^A
 時代の流れと共に、私のSMライフも変化をとげました。
 なんだかんだと、どっぷりSMの世界に浸かってしまった私の半生を振り返りながら、SMについて語っていければと思います。
 ご質問などは気軽にどうぞ。聞きにくい事は非公開コメント、もしくはDMで。
 このブログが、皆さんの、素敵なSMライフの参考になれば? 幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

とある獣医のSM日記
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。よろしくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR